わくわくニュースフラッシュ

ニュースに関する5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: 戦争



    (出典 www.jiji.com)



    (出典 c.files.bbci.co.uk)



    (出典 toda.org)



    (出典 jbpress.ismcdn.jp)



    1 お断り ★ :2024/05/16(木) 22:23:49.56 ID:YGVCWjCe9
    ロシア領攻撃を容認 「ウクライナが最終決断」 米国務長官
    【ワシントン時事】ウクライナを訪問中のブリンケン米国務長官は15日、首都キーウ(キエフ)で記者会見し、米国製兵器を使ったロシア領内への攻撃について、「この戦争をどう遂行するかは最終的にはウクライナが決断することだ」と述べ、容認する姿勢を示した。
     バイデン米政権はこれまで、米国製兵器によるロシア領内への直接攻撃を
    詳細はソース 2024/5/15
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d25f3b1948340c897e6dac3d7d61d2c4974232f

    【米国、米国製兵器を使用してロシア領への直接攻撃を容認「ウクライナが最終決断」】の続きを読む



    (出典 www3.nhk.or.jp)



    (出典 cloudfront-us-east-2.images.arcpublishing.com)



    (出典 www.asahi.com)



    1 首都圏の虎 ★ :2024/02/18(日) 10:18:21.66 ID:HLpQMgJF9
    【AFP=時事】ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー(Volodymyr Zelensky)大統領は17日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)前米大統領が再選した場合のウクライナ支援継続が不安視される中、同氏を最前線に招待する用意があると述べた。

     ゼレンスキー氏はドイツで開催されたミュンヘン安全保障会議(Munich Security Conference)で、為政者は本物の戦争とはどのようなものか知っておくべきだとして、「トランプ氏が(ウクライナに)来れば、最前線に連れて行く用意がある」と語った。

     ゼレンスキー氏は英語で演説し、「この戦争をいかにして終わらせるかを協議するなら、インスタグラムを通じてではなく、本物の戦争がどのようなものかを為政者に見せなければならないと思う」と訴えた。

    全文はソースで 最終更新:2/18(日) 10:16
    https://news.yahoo.co.jp/articles/47196eed7904e9cd784f94233013daafecb47236

    【ゼレンスキー氏、最前線にトランプ氏招待の用意 「本物の戦争」見せたい】の続きを読む



    (出典 newsdig.ismcdn.jp)



    (出典 newsdig.ismcdn.jp)



    (出典 cloudfront-us-east-2.images.arcpublishing.com)



    1 少考さん ★ :2024/02/03(土) 07:16:11.08 ID:GG78/64b9
    【速報中】米軍「イラクとシリア領内に報復攻撃」と発表 | NHK | アメリカ
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240203/k10014346001000.html

    2024年2月3日 6時57分

    アメリカ中央軍はイラクとシリアの領内でイラン革命防衛隊などへの攻撃を行ったと発表しました。アメリカ政府当局者はNHKの取材に対し、中東のヨルダンでアメリカ軍の拠点が攻撃されて、兵士が死亡したことに対する報復だと明らかにしました。


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    アメリカ中央軍の発表によりますと攻撃は、日本時間の3日6時、イラクとシリアの領内にあるイラン革命防衛隊や関係する武装グループに対して行ったということで、標的の数は85か所以上に及んだとしています。

    アメリカのバイデン政権は、先月28日の攻撃はイランが支援し、シリアやイラクで活動する武装組織によるものだとの見方を示し、「段階的かつ長期的な報復措置をとることになる」との考えを示していました。

    “シリア東部で複数の空爆” シリア人権監視団
    中東シリアの情報を集めているシリア人権監視団によりますと、2日、イラクと国境を接するシリア東部デリゾール県で、複数の空爆が行われたということです。

    この地域にはアメリカやイスラエルと敵対するイランの支援を受ける民兵組織が活動していますが、空爆の規模や被害などについて詳しい情報は明らかになっていません。

    【米軍「イラクとシリア領内に報復攻撃」と発表】の続きを読む

    このページのトップヘ