わくわくニュースフラッシュ

ニュースに関する5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: 車 バイク



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    (出典 newsdig.ismcdn.jp)



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 フォーエバー ★ :2024/06/11(火) 08:01:10.14 ID:/lHLKMvp9

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=360&exp=10800

    6/11(火) 7:02配信

    リアルサウンド
    動画サムネイルより

     元モーニング娘。でタレントの加護亜依が、新車を購入したと自身のYouTubeチャンネルに公開した動画で報告した。

    【写真】デザインに一目惚れ「車は外見なんで」 加護亜依が即決購入した“500万円の国産カスタムカー”

     2024年6月8日に公開した「【ホシノインパル】加護亜依、車を買う。」と題した動画で加護は、元レーシングドライバーの星野一義氏が創業した日産車のカスタムパーツメーカー「ホシノインパル」の公式YouTubeチャンネル「ホシノインパル 全開魂」を頻繁に視聴していると明かした。

     加護の現在の愛車は、YouTubeの撮影スタッフ曰く「ミニモニ。が乗るサイズじゃない」ほど巨大なのだとか。そのため加護は、駐車場の利用や細い道の運転に不安があり「もうちょっとコンパクトで街乗りしやすい車はないか」と数年間探し続けていたという。

     そんな中、「ホシノインパル 全開魂」の動画を観ていたところ、同社が販売するチューニング済みのコンプリートカー(完成車)でコンパクトSUVの「KICKS」に一目惚れ。しかも加護の夫と、一義氏の長男でホシノインパル代表取締役の星野一樹氏が友人という縁もあってこの度、ホシノインパルのショールームへと訪れたそうだ。

     お目当ての「IMPUL KICKS P15」を目の前にすると、加護は「ヤバーい!」と大はしゃぎ。シャープな印象のフロントマスクについて「超いい! 可愛い!」と絶賛し、フロントグリルの上にあしらわれた「IMPUL」の刻印を指して「これもいいんですよ!」と熱弁。さらに、チューニングされたホイールやリヤアンダープロテクターにも好反応を示した。

     同席した一樹氏の説明もそこそこに加護は「今日は実物見れたし、これ欲しい」と早くもメロメロに。撮影スタッフから、内装を紹介される前に外見だけで判断していいのか? と問われるも、「車は外見なんで」と一蹴した。また、運転席に乗せてもらえば「ハンドルもめちゃ持ちやすい。早く回したい」とはやる気持ちを抑えきれない。そして「買いたいです!」と購入を決断。あまりの即決ぶりに一樹氏は「早っ! もう!?」と驚いていた。
    この日紹介された展示車両の色はパールホワイトだったが、加護は「*が欲しいんですよね」と希望した。ちなみに価格は「500万円弱」とのことだった。

     今回、加護が「IMPUL KICKS P15」を購入したことに対し、コメント欄には「IMPULはマジでカッコイイっす」「加護ちゃん真面目にいいセンスだわ」「格好良い」「インパルを選ぶのセンス良いです」などの声が寄せられている。納車予定時期は6月末になるそうなので、近日中には加護が黒塗りの「KICKS」を運転する姿をYouTubeで見ることができそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/dd8e70477b52c97883f24fada0ae89eead2733a2

    【デザイン重視!加護亜依が500万円のカスタムカーを手に入れる。】の続きを読む



    (出典 p.potaufeu.asahi.com)



    (出典 www.sbaa-bicycle.com)



    1 モフモフちゃん ★ :2024/05/21(火) 16:48:09.40 ID:6aMIox289
    「幅寄せだ!」左折車の左をすり抜ける自転車の動画に批判殺到「チャリ乗りの主張」は正しい?教習所指導員に聞いた
    まいどなニュース5/21(火) 8:00配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a5c004c620316dbe4109f08d813d531a833a9832

    自転車の悪質走行が後を絶たないなか、自転車に乗る人物が投稿した、「左折車の横をすり抜ける自転車」の動画がX(旧Twitter)で大きな話題になった。

    自転車乗りの主張によると、左折に備えて道路の左側に寄せた自動車は、後方を走行する自分(自転車)に対する「嫌がらせ」であり、「幅寄せ」なのだという。たちまち多くの反響が寄せられた。

    道路走るなら自転車も「免許」を取って
    「道路交通法にも左に寄せろと書いてありまして…」
    「確かに左に寄せて停まるのは一見世知辛く見える…が、左折したい際に左側に寄せるのは、自転車やバイクを巻き込まないため。教習所でも教官にめっさ指導される」
    「左折のウインカーも出してる車の前に行く自転車乗りはダメだよ」
    「左折で巻き込まないようにすっごい確認するのに、こうやって来られるのは本当に怖いから止めてほしい。自転車は歩行者ではなくて軽車両なので、道路走るなら免許取ってほしい」

    コメントにもあるように、動画の自動車の左折方法は、道路交通法・第三章・第三十四条「車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿って(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない」に従った左折方法であり、教習所でも厳しく指導される。

    ※続きはソースをご覧ください


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    ※前スレ
    「幅寄せだ!」左折車の左をすり抜ける自転車の動画に批判殺到「チャリ乗りの主張」は正しい?教習所指導員に聞いた [モフモフちゃん★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1716269792/

    【「幅寄せだ!」左折車の左をすり抜ける自転車の動画に批判殺到「チャリ乗りの主張」は正しい?教習所指導員に聞いた】の続きを読む



    (出典 www.news-postseven.com)



    (出典 www.news-postseven.com)



    (出典 www.news-postseven.com)



    (出典 encount.press)



    1 樽悶 ★ :2024/05/09(木) 23:53:52.42 ID:E8JHwwHl9
    和久井容疑者が手放したとされる「ホンダNSX」【写真:和久井学容疑者のフェイスブックより】

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


    ■趣味だった車やバイクを立て続けに売却、女性に数千万円を渡していた

     今月8日、東京・新宿区のマンションで住人の女性が刃物で刺されて死亡した事件で、現行犯逮捕された川崎市の職業不詳・和久井学容疑者が事件の3年前に手放したとされる愛車が話題を呼んでいる。容疑者本人のSNS投稿などから、所有していたのはスポーツカーとして人気のホンダNSX、バイクも貴重な限定品のものとみられている。

    【写真】「国宝級のお宝」とネット複雑 容疑者が所有していたバブル崩壊末期限定販売の“伝説のバイク”

     事件は8日午前3時頃、新宿区マンションの敷地内で発生。女性がマンションの入り口付近で待ち伏せしていた和久井容疑者に刃物で刺され、搬送先の病院で死亡が確認された。和久井容疑者は警察の調べに「体を傷だらけにしようと思った」「1000万円を返してもらいたかった」などと供述しているという。

     報道によると、和久井容疑者は4年ほど前、女性が働いていたガールズバーを客として訪れて知り合ったといい、2021年頃には趣味だった車やバイクを立て続けに売却。同容疑者が女性に数千万円を渡していたという報道もあり、過去には女性に対するストーカー規制法違反容疑で逮捕されていた。

     ネット上では、和久井容疑者本人のものと思われるフェイスブックアカウントが見つかっており、投稿は愛車を手放したと思われる21年11月15日と、12月16日を最後に途絶えている。

     当時の投稿には「20年9ヶ月乗ったNSXを手放しました」「自分の車が走っている所を見た事が無かったので、少しの間後ろをついて走ったのですが、拘って作ったワンオフ加工したエアロ、カッコイイ凄くカッコイイNSXだと改めて思いました。君の走ってる姿見たのは初めてだけど本当にカッコよかったよ。今までありがとう、新しいオーナーさんに大事にしてもらうんだよ、元気でねバイバイ」「16年間大事にしてきたNRの嫁ぎ先が決まりました。自分の中では最高のバイクでしたので、もうバイクを買わず乗りたい時はレンタルバイクに乗ろうと思っています。NR君、16年間の君との楽しい思い出は忘れないよ、次のオーナーさんも良い人だからきっと大事にしてくれるからね。今までありがとう、元気でね」などとつづられており、和久井容疑者が2台の愛車に並々ならぬ愛情を抱いていたことがうかがえる。

     和久井容疑者が手放したとされるホンダNSXは、愛好家の中で高く評価されている国産スポーツカーで、その希少性から高値で取引されている。自動車業界の事情に詳しい関係者によると、NSXにはいくつかグレードがあり、一般的なNSXは中古車で700万~900万円ほど。最上級のNSX Type-Rはオークションで4500万円近い値がつくこともあるという。和久井容疑者の車については「左ハンドルのアキュラですね。初代NSXです。今の売値はものによっては違いますが、1000万円前後。これがNSX Type-Rだと3倍の価値はあります」と査定する。

     一方、もう一台の愛車、ホンダNRはバブル崩壊末期に限定300台という販売計画台数で発売されたという“伝説のバイク”。こちらも1000万円以上の価値があるとされるが、そもそも生産台数が少なくめったに手に入れることができない一台のようだ。過去には和久井容疑者の愛車自体が自動車バイク専門サイトの取材を受けたこともあるほどで、ネット上では「両方国宝級のお宝」「ホンダが輝いていた時代の、最高峰のバイクと車ですね」「どっちも欲しいと思っても金積んで買える代物じゃない」といった声が寄せられている。(以下ソース)

    5/9(木) 17:28配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ca3e5ef747e9441853f7d639110535a09a2b6294

    【新宿タワマン刺殺、和久井容疑者の愛車にネット騒然 「国宝級のお宝」「金積んで買える代物じゃない」】の続きを読む

    このページのトップヘ