わくわくニュースフラッシュ

ニュースに関する5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: 経済



    (出典 www.cricketfarm.co.jp)



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    (出典 businessnetwork.jp)



    1 おっさん友の会 ★ :2024/02/03(土) 16:42:14.78 ID:Innv7BJf9
    札幌のIT企業「インディテール」が、食用コオロギの養殖事業を手掛ける子会社「クリケットファーム」等2社とともに、札幌地裁から破産手続きの開始決定を受けたことが分かった。

    報道によれば、3社合計の負債総額は2億4290万円。本体の業績低迷にくわえて、クリケットファームが手がける食用コオロギの養殖事業が軌道に乗らず、昨年末に事業を停止していたという。

    ●クラファンで“大爆死”の過去も
    日本能率協会総合研究所による試算によれば、2025年度には世界全体で1,000億円規模の市場に成長する……といった話もある昆虫食。

    その代表的な存在といえば食用コオロギで、ここ近年ではその可能性に着目したスタートアップ企業が次々と誕生。また大手食品メーカーなどの間でも、コオロギパウダーを用いた商品を開発・販売するところも出ているのだが、それに対しての消費者の反応は賛否が激しく分かれるといった状況。
    実際、昨年2月には「Pasco」ブランドで知られる敷島製パンが、食用コオロギパウダーを使用したシリーズ商品を展開していることが取沙汰され、SNS上では不買を呼びかけるような声まであがるなど、強い拒否反応が現れたこともあった。

    いっぽう、今回破産手続きの開始との報が入った「インディテール」だが、2009年の創業以来、スマホアプリ開発やソーシャルゲーム運営、さらにブロックチェーン開発で実績をあげていたものの、2021年にブロックチェーン以外の事業をリセットし、コオロギ養殖事業を手掛ける「クリケットファーム」を設立。拠点もそれまでの北海道から長野県に移し、同県岡谷市に工場と直売所も建てるなど、コオロギ養殖に傾倒していったようである。

    そんな同社だが、とある株式投資型クラウドファンディングにおいては3,200万円もの資金を集め、また地元信用金庫と日本政策金融公庫からは4,100万円もの協調融資も受けるなど、地元経済界などを中心に期待する向きも多かった模様。

    しかし、その反面で2022年には「コオロギは未来のスーパーフード!長野県伝統の食文化をアップデートして地球を救おう」といった一般向けのクラファンに打って出たものの、支援の目標金額が50万円のところを2万7,000円、支援者数は5人にとどまるという大爆*結果に。やはり一般消費者層へのアピールといった面ではかなり苦戦していたようで、結局事業が軌道に乗らなかったというのも、単純に現状では“育てても売れない”というのが大きかったと、推測されるところだ。

    続きはマネーボイス 2024年2月2日
    https://www.mag2.com/p/money/1410723

    IT事業のインディテール破産 グループの食用コオロギ養殖が不振 負債総額2億4290万円
    https://nordot.app/1125313106254479399

    ★1 2024/02/03(土) 14:17:58.72
    ※前スレ
    コオロギ養殖ベンチャー、創業3年足らずで破産…地元経済界などから融資を集める反面“クラファン大爆死” [おっさん友の会★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1706937478/

    【コオロギ養殖ベンチャー、創業3年足らずで破産…地元経済界などから融資を集める反面“クラファン大爆死”】の続きを読む



    (出典 www.coindeskjapan.com)



    1 Gecko ★ :2024/01/11(木) 07:25:01.43 ID:+CNFsm2w9
    ビットコインの新時代が幕を開けたー。

    現物型ビットコインETF(上場投資信託)が日本時間で11日、米証券取引委員会(SEC)によって正式に上場承認された。

    公式発表によると、米証取委員会はARK 21Shares、インベスコ・ギャラクシー、ヴァンエック、ウィズダムツリー、フィデリティ、およびフランクリンテンプルトンの19b-4申請を承認し、現物型ビットコインETFが各証券取引所に上場し取引されることを可能にするルール変更を承認した。

    今回、各証券取引所に承認された銘柄は以下の通り。

    ニューヨーク証券取引所

    グレイスケールビットコイントラスト
    ビットワイズビットコインETF
    ハッシュデックスビットコインETF
    ナスダック

    iShares ビットコイントラスト
    ヴァルキリービットコインファンド
    CBOE(シカゴオプション取引所)BZX取引所

    ARK 21 シェアーズビットコインファンド
    インヴェスコギャラクシービットコインファンド
    ヴァンエックビットコイントラスト
    ウィズダムツリービットコイントラスト
    フィデリティワイズオリジンビットコインファンド
    フランクリンビットコインETF
    ビットコインは記事執筆時点で46000ドル付近を推移している。

    今回の承認により、個人投資家及び金融機関は直接ビットコインを購入したり、自己保管することなくビットコインを原資産とする株式に投資できるようになる。

    https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-etf-receives-official-approval-from-the-sec

    【ビットコインETF承認 米SECが公式発表】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    (出典 tk.ismcdn.jp)



    (出典 www.news-postseven.com)



    (出典 bizspa.jp)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2023/12/27(水) 09:05:30.32 ID:gdw/09GW9
    [2023年12月27日8時6分]

    著書「年収300万円時代を生き抜く経済学」で知られる、独協大教授で経済アナリストの“モリタク”こと森永卓郎氏(66)が、
    ステージ4の膵臓(すいぞう)がんであることが27日、分かった。この日、森永氏がレギュラー出演する、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」(月~木曜午前8時)に出演して明かした。

    森永氏は「11月に人間ドックを受けて、影がありました。結論から言うと膵臓がんで、ステージ4です。今日から抗がん剤治療を受けます。
    当面は普通に仕事をします。先行きが分からないので、新規の仕事はご迷惑をかけちゃうかもしれないのでやりません」と通院しながら、抗がん剤治療を受けることを明かした。

    月~水曜のレギュラーコメンテーターを務める同番組出演は、この日で年内最後だが、来年以降について「仕事だと思ってないので続けます(笑い)。97%の確率でハゲますが、元々ハゲてるので大丈夫。
    基本的には闘いますので。岸田政権とも戦い“増税クソめがね”でテレビを降ろされているので。今のところ全然大丈夫。(抗がん剤注入のために体に)ポートを埋め込んでいるので、サイボーグになった気持ち」と笑った。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202312270000009.html
    続き

    【森永卓郎氏ステージ4膵臓がん公表「今日から抗がん剤治療を受けます」】の続きを読む

    このページのトップヘ