わくわくニュースフラッシュ

ニュースに関する5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: コロナ関連



    (出典 bio.nikkeibp.co.jp)



    (出典 static.chunichi.co.jp)



    (出典 www.kantei.go.jp)



    1 Hitzeschleier ★ :2024/04/24(水) 18:31:03.87 ID:0iAMMfZU9
     23日に開かれた参議院財政金融委員会で、内閣府は、新型コロナワクチンの接種推進のためにYouTuberを起用した動画9本を作成し、3200万円を支出したことを明らかにした。

     参政党の神谷宗幣参議院議員の質問に、内閣府大臣官房の広瀬健司政府広報室長が「新型コロナウイルスワクチンの特徴や接種の重要性など、正しい情報を知っていただくために、YouTuber等を起用した動画9本を作成し、合計で約3200万円の支出をした」と答えた。

     ワクチン接種を巡っては17日、接種後に死亡した人の遺族らが国を相手取り、東京地裁に集団提訴。訴状にはYouTuberを起用した動画の件も書かれており、これらについて反ワクチン派などを中心に批判の声が出ている。

     一連の騒動は、3年前に河野太郎ワクチン担当相(当時)との対談動画を公開していた人気YouTuberはじめしゃちょー(31)にも飛び火。18日には、自身に寄せられた批判にX(旧ツイッター)で「広告案件ではないので費用は一切いただいておらず、動画の収益化も行なっておりません」と釈明する事態となった。

     一方、アイドルグループ「EE JUMP」元メンバーで千葉県八街市議の後藤祐樹さん(37)がXで「ここまでの大物YouTuberが無料で案件を引き受けるとは考え難いですね」「どちらにしても国民にワクチン接種を煽るようなPRをしたことに変わりはない」と疑問を投げかけるなど、SNS上ではさまざまな陰謀論がうごめいている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9760ba5d268588625b235a2a2095264fb0501045
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1713913995/

    【政府、コロナワクチン啓発に「YouTuber起用動画9本・3200万円支出」認める「接種の重要性など、正しい情報を知っていただくために」】の続きを読む



    (出典 www.sanseito-img.site)



    (出典 static.tokyo-np.co.jp)



    (出典 president.ismcdn.jp)



    1 樽悶 ★ :2024/03/29(金) 02:28:48.72 ID:+ZVHwCiM9
    SNSで「ワクチンに懐疑的な態度」を掲げるアカウントにはどんな共通点があるのか。東京大学大学院の鳥海不二夫教授は「2021年1月から12月までの1億件のツイート(当時)を分析したところ、コロナ禍以前からワクチン懐疑派だったアカウントはれいわ新選組や共産党と親和性が高く、コロナ禍以降にワクチン懐疑派になったアカウントは参政党の支持者が多かった」という。ジャーナリストの末並俊司さんが聞いた――。

    ■約1億件のツイートを収集し、ワクチン懐疑派を分析

     コロナ禍でワクチン反対派になった人は、陰謀論や自然派、スピリチュアルな世界観に傾倒している傾向がある――。東京大学大学院工学系研究科の鳥海不二夫教授らの研究グループは、ツイッター(現X)を分析し、そうした結論を導き出した。分析の対象となったのは、2021年1月から12月までの「ワクチン」という単語を含む約1億件のツイートだ。

     「ワクチンに懐疑的な考え方を持つ人たちについての研究はありましたが、“人はなぜワクチン懐疑派になるのか”という分析については、これまでありませんでした。今回の私たちの研究はそこにメスを入れたものとして、意義があると考えています」(鳥海教授)

    (省略)

    ■継続的な反ワクチン派が政治への関心が高い理由

     まず、収集した約1億のツイートを、次の3つのカテゴリーに分類した。

    (省略)

     これらを分析したところ、ワクチン懐疑傾向の低いアカウントはアニメ、ゲーム、漫画などへの関心が高く、逆にワクチン懐疑傾向の高いアカウントは、相対的に政治への関心が高いことが分かったという。

     「ワクチンというものは、病気が悪化してから接種するものではなく、感染症が広がるかもしれない集団に対して、広く接種することで、感染の広がりを食い止めようとするものです。つまり公衆衛生の側面も非常に強い。そうした背景もあり、ワクチン接種政策を“全体のために個人が強制されるもの”と感じる人たちが一部いるのでしょう。ある意味で、全体主義的な考え方への忌避があるからか、リベラル的な政治志向と親和性が高いと言えます」

    ■「アニメ好き=ワクチン賛成派」ではない

    (省略)

     同研究では、ツイッターユーザーのワクチンに対する態度がコロナ禍前と後でどのように変化していったかの検証も行っている。ワクチン懐疑傾向の高い層をHighグループ、逆にワクチン懐疑傾向の低い層をLowグループとした。

     「コロナ禍以前からHighグループに属していたユーザーと、コロナ禍を経て2021年12月までにLowグループからHighグループに移行したユーザーの2つを比較分析しました。コロナ禍以前からHighグループだった人たちは、政治的な関心が強く、どちらかというといわゆるリベラルな傾向を示していたのに対し、LowからHighに移行したユーザー、つまりコロナ禍を経てワクチン懐疑派になったユーザーは陰謀論や自然派、スピリチュアリティに関する単語がツイッターのプロフィール文に頻繁に現れることが分かりました。一例を挙げると、“テクノロジー犯罪”や、“波動”などの単語です」

    ■ワクチン懐疑派を支持者に取り込んだ参政党

     他にも“集団ストーキング”や“柔軟剤”などの単語も多く見られたという。

     「柔軟剤というワードがワクチンとどう関係しているのか不思議に感じられるかもしれませんが、人工物を嫌う“自然派”的な考え方の人たちもワクチン懐疑派になりやすい傾向があるようです。そうした人たちが柔軟剤の弊害について多くツイートしているのでしょう」

    (省略)

     「これは、参議院選挙の影響だと思われます。この時参政党は、反ワクチンの態度を前面に押し出して選挙戦を戦っていたようです。今回の分析の結果、コロナ禍以降に新規にワクチン懐疑的な傾向を持つようになったユーザーは、陰謀論や自然派、スピリチュアルな世界観をきっかけに、ワクチン懐疑的な態度を持ち、さらに反ワクチンを政治信条に掲げた政党への支持を高めた可能性が示唆されていると考えます」

    ■陰謀論を強く打ち出した方針は結果的に成功している

     この結果を別の角度から見ると、参政党を支持した一部の人たちは、コロナ禍以前はさほど政治に興味がなかったのかもしれない。しかし、コロナ禍での参政党の政治信条に触れることで、政治に興味を持つことになったということもあるのだろう。参政党への支持はそうした側面もあるように思われる。(以下ソース)

    3/22(金) 8:17配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f075c11f7750c05b7c5a0e7121429e8e1386fae8

    ★1:2024/03/26(火) 05:48:44.08
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1711619419/

    【なぜ共産、れいわ、参政党の支持者には「ワクチン懐疑派」が多いのか…東大教授が分析する「政治と陰謀論」の関係】の続きを読む



    (出典 newsdig.ismcdn.jp)



    (出典 newsdig.ismcdn.jp)



    (出典 newsdig.ismcdn.jp)



    1 おっさん友の会 ★ :2024/02/10(土) 23:03:13.81 ID:QSq8PmQo9
    ★///////////【お願い】/////////★
    ※個人特定や誹謗中傷、憶測や捏造を書き込むと罪に問われます。
    積極的に詮索したり個人情報やフェイクニュースを書いた場合はログ開示の
    可能性があるのでご注意ください


    ★///////////【記事ここから↓】/////////★

    1月23日、名古屋市立大学薬学部で行われた、ある授業。

    (名古屋市立大学 粂 和彦 教授)
    「新しい良い薬を届けることはものすごく大事なんですが、届けた後の安全性もきっちり考えていくことは薬学部の使命だと思いますので、きょうはすごく大事な講義の一つだと思うので、しっかり聞いてください」

    薬の副作用による健康被害、いわゆる“薬害”の授業。
    薬物の専門家で医師でもある 粂 和彦 教授が題材に取り上げたのが、ほかならぬ新型コロナワクチン。
    現在進行系の薬を巡る問題について考えさせるためです。

    この日は、ワクチン接種後の体調不良が続いている全国患者会のメンバーが、現状を伝える特別講師を務めました。

    今も倦怠感と記憶障害が続いている看護師の神谷さん。

    (患者の会 神谷さん)
    「検査をしても異常が出ない。一般的な検査をしても診断がつかないのが私たちの最大の問題であり特徴」

    そして患者会の代表、木村さん。

    (患者の会 木村代表)
    「数の先にあるのは当事者の人生であること。確率でも何でもなく、後遺症になった人間にはこれが100%だということを知ってください」

    今も頭痛や重い歩行障害に苦しむ名古屋の井沢さんも。

    (患者の会 井澤由紀子さん)
    「普通に歩けない。胸がすぐ苦しくなって、当たり前に歩いて、普通の生活ができない」

    それぞれ接種後に起きた様々な症状を伝え、学生たちにワクチン問題をどう捉えるかを問いかけました。

    ●教授は「やっぱり将来“薬害”と呼ばれる可能性はあると思う」
    最後に粂教授は…

    (名古屋市立大学 粂 和彦 教授)
    「今少なくとも、きょうこの講義を聞いてもらって、今でも厚生労働省が接種を進めている。ここから先に出た被害は、やっぱり将来“薬害”と呼ばれる可能性はあると思う」

    続きはCBCニュース 2024年2月10日(土) 06:00
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/987217#google_vignette

    ★1 2024/02/10(土) 13:09:43.18
    ※前スレ
    「将来薬害となる可能性も…」 新型コロナワクチンは薬害なのか? 大学での薬害の講義で新型コロナワクチンを取り上げる ★2 [おっさん友の会★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1707552289/

    【「将来薬害となる可能性も…」 新型コロナワクチンは薬害なのか? 大学での薬害の講義で新型コロナワクチンを取り上げる】の続きを読む

    このページのトップヘ