わくわくニュースフラッシュ

ニュースに関する5chやTwitterの声をまとめています。

    2022年10月



    1 首都圏の虎 ★ :2022/10/22(土) 18:09:59.06 ID:MaZhAMAm9.net
    新海誠監督最新作の『すずめの戸締まり』の冒頭の本編映像が、10月28日の金曜ロードショー『君の名は。』の放送中に独占初公開されることが分かった。

    新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』が11月11日(金)に公開されるのを記念して、28日の「金曜ロードショー」では、新海監督の2016年の大ヒット作『君の名は。』を本編ノーカットで放送する。『すずめの戸締まり』本編の冒頭12分間が番組の後半で初公開される。

    九州の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)は、「扉を探してるんだ」という旅の青年・草太に出会う。彼の後を追うすずめが山中の廃墟で見つけたのは、まるで、そこだけが崩壊から取り残されたようにぽつんとたたずむ、古ぼけた扉。なにかに引き寄せられるように、すずめは扉に手を伸ばすが…。

    想像を超えた出来事に巻き込まれていくすずめの“戸締まりの旅”のきっかけとなる重要な冒頭シーンとなる。新海誠監督の集大成となる全世界待望の最新作から、始まりのシーンをいち早く楽しんでほしい。

    金曜ロードショー『君の名は。』は10月28日(金)21時~日本テレビ系にて放送。(※本編ノーカット・放送枠30分拡大)

    『すずめの戸締まり』は11月11日(金)より全国にて公開。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/900b1a31afcff9ad74a7c8e1141aae8749c2886b

    【『すずめの戸締まり』 本編冒頭映像を公開!10月28日金曜ロードショー 新海誠作品も金曜ロードの看板番組になるのか】の続きを読む

    橋本環奈、熱愛発覚でNHK出禁に!? 紅白司会は2年後の朝ドラ内定のご褒美だった?

    橋本環奈が、大みそかに放送される『第73回NHK紅白歌合戦』の司会に抜てきされた背景には、こんな裏事情があるという。

    「局独自で『朝ドラのヒロインをやってほしい女優』を調査したところ、環奈が断トツで1位になったそうです。ただ、彼女の仕事のスケジュールもあって、実現可能なのは2年後。そこで、〝関係性強化〟を図る意味も込めて、司会起用となったらしい」(芸能記者)

    通常、紅白の司会には、朝ドラや大河ドラマで主要キャストを務めるなど、NHKに貢献度の高い人物が選ばれるが、環奈は仕事より先に〝報酬〟を受け取ったというわけだ。

    NHKの看板に泥を塗った

    ところが、紅白司会決定の直後に中川大志との熱愛が『女性自身』にスクープされてしまった。

    「朝ドラや大河はもちろん、紅白の司会も発表後から放送終了までスキャンダルはご法度。環奈はNHKの看板に泥を塗ったことになる。しかも、環奈の司会起用は朝ドラありきの〝先払い報酬〟だったわけですからね。当然、朝ドラの話はなかったことにされ、最悪、紅白以降は事実上のNHK出禁になるかもしれませんよ」(同・記者)

    福岡県出身の環奈は現在、23歳。小学3年生で芸能界入りし、地元・福岡を拠点にしたアイドルグループの一員として絶大な人気を博した後、〝東上〟した。

    当時のキャッチフレーズは、『1000年に1人のアイドル』。その上、バストも〝隠れ豊満〟で一気に男性ファンのハートをつかんだ。

    「デビュー時には、すでにE級でした。上京して以降も成長は止まらず、今はG級になっているそうです。とにかく酒が大好きで、自宅にはビールサーバーやワインセ..

    【日時】2022年10月27日 11:01
    【ソース】週刊実話

    【橋本環奈、熱愛報道で紅白司会後にNHK出禁か  2年後に内定の朝ドラも消滅か】の続きを読む




    2022年10月25日(火) 16:30

    チャント!

    開園まで1週間となった愛知・長久手市のジブリパーク。主要アクセスとなるリニモの藤が丘駅周辺では来客が増えると期待しつつも“ある懸念”を抱えています。

    1日の入場者数の上限を土日・祝日が5650人、平日を4930人としていますが、もしも、来場者が集中すると地元の混雑はどうなってしまうのか。

    2005年の「愛・地球博」の時以来、再び言われているのが…「藤が丘駅問題」です

    ジブリパークを目指す鉄道利用者の乗換駅となるのが、名古屋市営地下鉄 東山線・藤が丘駅(名古屋・名東区)です。

    2005年の「愛・地球博」開催時には利用者が集中し、「藤が丘駅問題」が起きました。原因は鉄道の輸送力の差。

    1時間におよそ15,000人を輸送できる地下鉄に乗って、終点の藤が丘駅で降りても、その先乗り換えるリニモの輸送力は、当時は1時間におよそ4000人、4分の1の輸送力に激減するのが根本的な原因でした。

    当時の時刻表を見ると明らかで、地下鉄・東山線が最大2分に1本到着するのに対し、リニモの発車は6分に1本。また6両編成の地下鉄に対して、リニモは3両。

    地下鉄が藤が丘駅に到着するたびに、リニモに乗れない人が増え続け、ホームやコンコース、地上にあふれてしまいました。

    今回、名古屋市交通局は「乗車人員が増えると予想されるが、万博とは規模が異なるので、万博の時のような混雑状況にはならないと考えている」として、「必要があれば対策を講じたい」ということです。

    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/cbc/187194?display=1

    【11月1日 ジブリパーク開園 2005年の「愛・地球博」以来心配される「藤が丘駅問題」は大丈夫なのか】の続きを読む

    このページのトップヘ