わくわくニュースフラッシュ

ニュースに関する5chやTwitterの声をまとめています。

    2022年10月



     積水ハウス10月27日に、全国の20~60代の男女対象に実施した、「自宅における感染症・風邪の予防意識・行動に関する調査(2022年)」と「小さな暮らしアンケートマスク編~(2022年)」の結果を発表した。「自宅における感染症・風邪の予防意識・行動に関する調査(2022年)」は、8月19日~22日の期間に573名に対して、「小さな暮らしアンケートマスク編~(2022年)」は6月15日に651名に対して行われている。

    画像付きの記事はこちら



     「自宅における感染症・風邪の予防意識・行動に関する調査(2022年)」では、調査対象者に新型コロナ禍前から新型コロナ禍初期、現在に至るまでの自宅における感染症・風邪の予防に対する意識を尋ねたところ、新型コロナ禍初期での「感染症・風邪の予防を意識している」(84.9%)が、新型コロナ禍初期(53.4%)から大きく増加した。現在も、87.8%とほぼ同レベルにある。

     新型コロナ禍前と比較して、インフルエンザや風邪をひかなくなったと「思う」または「やや思う」と答えた人は63.8%に達しており、とりわけ新型コロナ禍で在宅勤務が増加している人では78.5%を占めた。

     外出から帰宅後に、まず室内のどこに行くかを尋ねた質問では、新型コロナ禍前も現在も「洗面所」がもっとも多く、現在(60.0%)は新型コロナ禍前(48.0%)よりも増加している。

     新型コロナ禍で行うようになった、感染症・風邪の予防策としては(複数回答)、「帰宅した際、家の中のどこも触らずにまず手を洗う」(25.3%)が新型コロナ禍前(9.9%)よりも15.4ポイント、「帰宅した際、玄関で除菌や消毒をする」(18.7%)が新型コロナ禍前(6.5%)よりも12.2ポイント増加した。今後、実施したいと思う感染症・風邪の予防策としては(複数回答)、「帰宅した際、家の中のどこも触らずにまず手を洗う」「帰宅した際、玄関で除菌や消毒をする」が新型コロナ禍前よりも大きく増加したほか、「運動をする」も大幅に増えている。

     在宅時でもマスクをつけることが多いシーンを尋ねたところ(複数回答)、「家族や友人と一緒にいる時」や「家族の誰かの体調がよくない時」が、新型コロナ禍前よりも増加した。

     今後実施したいと思う感染予防対策を夫と妻それぞれでみると、妻は全体的にさまざまな項目で高く、夫婦によって温度差がみられる。

     玄関で除菌や消毒をする家庭の夫婦に、除菌や消毒を行う理由を尋ねた質問では(複数回答)、妻の64.6%が「家族への感染が不安だから」と答えている一方で、夫による「家族にするように言われているから」が20.0%に達している。

     「小さな暮らしアンケートマスク編~(2022年)」では、調査対象者に使い捨てマスクを複数回使用することがあるかを尋ねており、半数超が「複数回使うことがある」と回答した。また、帰宅後に使い捨てマスクを捨てる場所、帰宅後に使い捨てマスクを仮置きする場所ともに、「リビング」がもっとも多い。

     これらの調査結果を受けて、積水ハウス感染症・風邪を予防するための四つの「幸せTips」として、

    (1)玄関での除菌・消毒でウイルス・菌をガード

    (2)おでかけに欠かせないマスクにおける習慣

    (3)こまめな共用部の除菌・消毒

    (4)室内換気でウイルス・菌を溜めない

    を提案している。

    20~60代の男女、6割が新型コロナ禍で「風邪をひかなくなった」と感じていることが明らかに


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【コロナ予防の習慣化でインフルエンザや風邪をひかなくなった 6割が実感】の続きを読む





    <このニュースへのネットの反応>


    【【速報】外務省、日本人女性2人の死亡を確認 韓国ハロウィン事故】の続きを読む

    ゆりやんさん、脳損傷で「自力でトイレ行けない」身体にされる

    「撮影において、ゆりやんレトリィバァさんが演技中に背中及び頭を打ったことを受け医師の診断を受けたところ、大事をみて2週間の安静の指示を受けられました」

     10月27日、突如Netflixの公式サイトのプレスリリースに書き加えられた一節。お笑い芸人・ゆりやんレトリィバァ(31)の身にアクシデントが起きてしまったのだ。

     女子プロレスラー・ダンプ松本の半生を描いた、Netflixドラマ『極悪女王』は、実話をもとにしたその内容に加えて、ライオネス飛鳥役に剛力彩芽(30)、長与千種役に唐田えりか(25)が起用されるとあって、撮影前から話題となっていた。そんな注目作品で、“撮影事故”は発生した。

    「10月21日、千葉県内のスポーツアリーナでおこなわれた撮影では、ゆりやんさんと唐田さんの試合シーンが繰り広げられていました。ダンプさんの全盛期を再現するために、“流血演出”もある激しい格闘シーンでした。その撮影が終わったあと、ゆりやんさんが頭の痛みを訴えたんです。

     発表では『背中及び頭を打った』『大事をみて』とされていますが、10月24日に病院へ行き、診察を受けたところ脳への損傷が見られたため、即時入院。しっかり動けるようになるまで3カ月を要するといわれており、入院中の現在は、自力でトイレにも行けない状態と聞いています。関係者もまだお見舞いに行けていない人がほとんどです」(現場スタッフ)

     すでに撮影が始まって半年以上。年内にはすべての撮影が終わり、2023年には無事公開される予定だった。

    「10月25日、関係者に『明日の撮影を中止する』というメールが送られてきました。そして..

    【日時】2022年10月30日 06:00
    【ソース】Smart FLASH

    【ゆりやん ダンプ松本役の撮影で頭を打ち脳損傷 現在入院中 全治3か月】の続きを読む

    このページのトップヘ