わくわくニュースフラッシュ

ニュースに関する5chやTwitterの声をまとめています。


    人気アイドル・舵木まぐろさん急逝、関係者絶句 母報告「あまりにも突然」「心が押し潰されそう」

    モデル・歌手・アイドルとして活動していた舵木まぐろさんが亡くなったことが2023年1月24日、舵木さんの母のツイッターで伝えられた。本人の誕生日である21日に亡くなったという。

    舵木さんはアイドルオーディション「ミスiD 2019」で「サバイバル賞」を受賞した経験がある。同オーディションは、アイドルの戦慄かなのさんや、俳優の玉城ティナさんなど、多くの人気タレントを輩出している。

    ■「本来なら喜ぶべき、誕生日の日に亡くしてしまいました」
    舵木さんの母は、「皆様にお知らせがございます。突然ですが、娘が亡くなりました。本来なら喜ぶべき、誕生日の日に亡くしてしまいました。あまりにも突然で、親より先に失う覚悟など当然無くて心が押し潰されそうです。生前は、皆様に愛されて幸せだった事がTwitterからも伝わって来ます。本当にありがとうございました」と伝えた。

    「今回の件でご迷惑をお掛けしてしまったお仕事の関係者の皆様に、心よりお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした」と関係者にお詫びも。「皆様には、可愛らしい娘の思い出を忘れないでいただきたく思います。また、個別にお返事をする事、詳しい内容を伝える事は控えさせていただきます。生前の娘の素敵な写真を撮影してくださった方々、思い出を残していただき本当にありがとうございました。大切にします。娘を愛してくださった、全ての人に感謝しております。ありがとうございました」ともつづっている。

    舵木さんのツイッタープロフィールによると、誕生日は1月21日。12日には、28日に開催予定だった自身の誕生日イベントを告知してお..

    【日時】2023年01月26日 16:36
    【ソース】J-CASTニュース

    【アイドル・舵木まぐろさん急逝、関係者絶句 母報告「あまりにも突然」「心が押し潰されそう」】の続きを読む


    TKO木本武宏「投資トラブル」発覚から半年後の謝罪会見は成功だったか否か?の画像1

    TKO木本武宏(元所属事務所「松竹芸能」HPより、現在は削除済)

     投資トラブルが発覚したことで、松竹芸能を退社し、芸能活動を休止していたお笑いコンビ・TKOの木本武宏が1月23日、都内で記者会見を開いた。

     投資のために2人の知人に資金を預けたものの、その知人が音信不通になっていたという今回のトラブル。木本が投資したのは2000万円とのことだが、仲間の芸人らに話を持ちかけていたこともあり、被害は数億円に膨れ上がっていた。会見で木本は、騒動の経緯と現状を説明した。

    「会見は終始和やかで、終盤には相方である木下(隆行)さんも現れました。記者が木本さんをイジるような場面があったり、最後には記者から拍手が起きたりなど、スキャンダルを起こしたタレントの会見にしては、“味方”が多い印象でした」(ベテラン芸能記者)

     投資トラブルが発覚したのは昨年7月のこと。そこから約半年後の会見開催となった。通常、スキャンダルを起こしたタレントに対しては、早期の会見を開くべきだという声があがり、会見の時期が遅くなればなるほど世間のバッシングも厳しくなっていく傾向がある。木本の場合はどうだったのか?

    「騒動発覚から半年も経っての会見となると、“なんでここまで釈明しなかったんだ”という空気になり、記者からも厳しい質問が飛び交うことになりやすい。でも、木本さんの場合、しっかり騒動に関して説明をしたということもあり、記者たちも納得したのでしょう。下手に早い段階で会見を開いて、うまく説明できずぐちゃぐちゃになるよりは、いろいろと整理がついて落ち着いてから会見を開いたのは、今回は正解だったと思います。

    また、騒動発覚後の早いタイミングで、木本さん本人が週刊誌などの取材を受けて経緯を説明していたというのも大きいでしょう。スキャンダルの処理としては、かなりうまく行ったほうだと思います」(同)

     会見には相方の木下が登場し、2月にコンビとしてトークライブを開催することも発表された。

    「おそらく当分はライブを中心に活動していくこととなるようですね。TKOの原点である“コント師”に回帰して行くのでしょうが、テレビでの活動はそう簡単ではないと思いますよ」(テレビ局関係者)

     後輩芸人に対するパワハラーー”ペットボトル投げつけ事件”などーーが発覚し、2020年に松竹芸能を退社している木下については、近頃テレビ出演も増えている。

    「パワハラネタをイジる形で木下さんはバラエティ番組に出ていますが、木本さんについては芸人仲間の被害者もいるので、なかなかイジリづらい部分はあるんですよね。巻き込まれた芸人たちと共演し、投資トラブルネタを思いっきり笑いに変えられればいいんですが、それはさすがにハードルが高いのでは……」(同)

     会見後、「日刊スポーツ」に直撃された木本は、<楽して小手先の笑いを取りにいっているようにしか見えない。とにかくまっとうに勝負する>とコメントしており、自虐ネタも封印する意向のようだ。

    「地上波のバラエティ番組でスキャンダル芸人に求められるのは、自虐ネタですよ。そこを自ら封印するとなると、余計にTKOを起用する理由がなくなってしまう。それはちょっともったいない気もしますね。ライブだけで存在感を発揮するのは、並大抵のことではありませんから。せっかく記者会見がうまく行ったんだから、自虐ネタを封印するなんて言わずに、“なんでもアリ”のスタンスでバラエティ番組に復帰してほしいものですが」(同)

     自ら茨の道を選択したTKO。本当の意味での復活への道は、長く険しいものとなりそうだ。


    【日時】2023年01月26日 07:00
    【提供】日刊サイゾー

    【TKO木本の謝罪会見は成功だったのか  木下が出てきてがっかり】の続きを読む


    十徳ナイフ携帯、鮮魚店主に科料9900円の判決…大阪簡裁

     鮮魚店主が仕事で使うとして十徳ナイフを持っていたことが軽犯罪法違反(凶器携帯)にあたるかが争われた刑事裁判で、大阪簡裁は25日、大阪市に住む鮮魚店の男性経営者(47)に対し、求刑通り科料9900円の判決を言い渡した。

     経営者は2021年12月、大阪市福島区で自転車で走行中に信号無視で警察官から職務質問を受けた際、かばんの中から十徳ナイフ(刃渡り6・8センチ)が見つかった。大阪府警は22年3月、同法違反容疑で書類送検。大阪区検が略式起訴し、大阪簡裁が科料9900円の略式命令を出したが、経営者は正式裁判を開くよう求めた。


     公判では、ナイフの所持に正当な理由があると言えるかが争点となった。

     経営者は祖父の代から続く鮮魚店を営んでいる。ナイフは市場の仕入れで発泡スチロール箱を固定した結束バンドを切る時に使ったり、自宅で缶切りや栓抜きとして使ったりしていた。しかし、事件当時はコロナ下で仕入れ量が減り、仕事で使う機会が少なくなっていたという。

     検察側は公判で、ここ数年は業務で使っていたとは言えないとし、「ナイフを携帯する必要性が認められる事情はない」と主張。一方、弁護側は「仕事で使うことも想定して持っていた。十徳ナイフは旅行や出張での使用も想定されて販売されており、本来の用途で持つことに何ら問題はない」と無罪を主張していた。

    【日時】2023年01月25日 16:18
    【ソース】 読売新聞

    【大阪簡裁 十徳ナイフ携帯、鮮魚店主に科料9900円の判決 おかしいだろ】の続きを読む

    このページのトップヘ